【海外証券】米国株の取引手数料が安い証券会社【確定申告が大変】

米国株の取引手数料が安くならないかなあ…

このようなに思ったことはありませんか?

米国株取引をする場合、主要ネット証券3社(楽天、SBI、マネックス)のうちのいずれかを使用されている方が多いと思います。

これらの証券会社は、取引手数料はいずれも0.45%で差がありません。一方で、海外証券会社では取引手数料が0円というのを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで本記事では米国株取引の手数料を抑えられる証券会社についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

証券会社

FirstradeとIteractive Brokersの2択です。

取引手数料ではFirstradeに分があります

Firstrade

Firstradeは米国のネット証券で、取引手数料は無料です。
ただし、取引は「米国市場✕ドル建て」に限定されています。

海外在住の日本人に人気の証券会社のようです。

Iteractive Brokers(IB証券)

取引手数料は$1です。また、口座維持費が毎月最低$10かかります(免除条件アリ)。

こちらも評価の高い海外の証券会社です。

確定申告が大変

上記で紹介した証券会社では特定口座を開設できないので、確定申告をする必要があります。

ただし、以下の点で同じ確定申告でも日本の証券会社を使用した場合よりも大変です。

  • 為替の計算を自分でする必要がある
  • 取引履歴を自分で作成する必要がある

配当金の確定申告は決まったタイミングで受け取った配当金に為替を考えればよいので、大変ですが比較的ましです。

売買益のほうは取引履歴を自分で記録して、すべての取引について為替を考慮して計算する必要があるため、かなり大変です。個人的には手数料を払ってこの手間を省いたほうが良いと思いました。

結論:確定申告が大変なのでオススメしません

上記のように確定申告があまりにも大変です。

さらに、苦労して確定申告しても何かミスがある恐れがあります。それを考えると、手数料をあきらめて国内証券にお世話になった方が無難です。

一方、日本の証券会社では、日本に住んでいないと取引を行うことができません。このため、海外移住を検討されている方にとっては、海外証券会社を使用するのは避けられないようです。

そのような場合、日本に税金を納めるのは移住した最初の年だけなので、その一年だけ全く売買しないという手を使うようです。そうすることで確定申告は配当金のみとなります。

移住を検討されている方は参考まで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました