Visual StudioでのC#プログラミング入門【事前準備~ビルド】

C#をプログラミングする際、Pythonなどの経験のみの場合、「.NET Framework」や「プロジェクト」など聞きなれない単語が出てきて、少し困惑するかもしれません。

そこで、初心者でも簡単に扱える統合開発環境(IDE) Visual Studioを使用して、C#プログラミングをする方法について説明します。本記事では、簡単なコードをビルドして実行するまでを解説します。

スポンサーリンク

環境

  • Windows10
  • Visual Studio 2022(2019でも手順は同じです)

手順

事前準備

事前にVisual StudioにC#関連のコンポーネントをインストールする必要があります。

Visual Studio Installerを起動し、「変更」をクリックします。

「.NETデスクトップ開発」にチェックをしてインストールします。

プロジェクトの作成

Visual Studioを起動し、「新しいプロジェクトの作成」をクリックします。

次にドロップダウンリストから「C#」を選択します。

絞り込まれた選択肢の中から、作りたいアプリに応じた項目を選択します。今回はサンプルなので、もっとも単純な「コンソールアプリ」を選択します。

選択したら「次へ」をクリックします。

プロジェクト名、プロジェクトの作成場所、ソリューション名を入力し、「次へ」を押します。

ソリューションは解決したい課題ごとに作成します。ソリューションに複数のプロジェクトを作成することが可能で、1つのアプリを適宜分類することができます。

ドロップダウンリストから適切なバージョンの.NETを選択します。特別な事情が無い限り最新バージョンを選択すればよいです。

選択したら「作成」をクリックします。

ビルド

プロジェクトが作成されると、以下のような画面が表示されます。”Hello World!”をコンソールに表示するコードがはじめから入力されています。

このコードはMainメソッドを簡略化したものです。

ビルドして実行するにはF5を押します。
デバッグコンソールが起動し、以下のように表示されます。

コードの追加

上記のコードに一時停止するコードを追加してみます。

先ほどと同様にF5を押して実行します。

Enterキーを押すとプログラムが終了します。

参考サイト

クイック スタート: Visual Studio を使用して初めての C# コンソール アプリを作成する

コメント

タイトルとURLをコピーしました